九州レプタイルフェスタアンテナショップのブログ

レオパ、ボールなどを中心にショップの情報をお届けします。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JRS御礼とタイフーンハッチ | main | スーパーマックスノーハッチ >>

ラプターハッチとマックスノー考察

0

    ハッチがなかったので、少し間隔が空きました。
    パターンレスのラプターがハッチしました。


    ジャイアントマックスノーラプターヘテロディアブロブロンコ(長いな・・)♂と、
    ラプター♀からのベビーです。
    このペアは去年と合わせて20頭近くのベビーを取ってますが、
    パターンレスとバンドが半々くらいで入り混じって出てますね。
    その反面、例外なくスネークアイは出なくて、全てフルアイです。
    この子たちも今のところフルアイに見えますね。
    上の子はマックスノーが乗ってるかもしれませんが微妙です。
    今季60と61匹目のベビーです。

    さて、最近よくハッチしたベビーのマックスノーの判別について、
    お客様から聞かれる機会が多くあったので、簡単にですがご説明いたします。
    マックスノーですが、黄色の色素が欠落しているスーパーマックスノーとは違い、
    多くは成長に伴い黄色が発色してきます。
    しかしハッチ時はただのマックスノーでも黄色の発色はほとんどありません。
    もちろん例外的にハッチしてすぐ黄色を発色している事もありますが、
    本当に稀ですので、とりあえず黄色の発色がなければマックスノーだと仮定して問題ありません。
    クリーパーで高名な安川先生にも、そのように教えて頂きました。

    画像のほうが解りやすいと思いますので、
    下の画像が、マックスノーとハイイエローが同時にハッチした時の画像です。


    こちらはただのベルアルビノ。


    こちらはマックスノーベルアルビノです。


    稀にですが、ハッチ直後から黄色い個体も居ます。
    こちらは親がスーパーマックスノー×マックスノーゴーストですから、
    確実にマックスノーは遺伝しているはずですが、黄色味がありますね。
    これがスーパーからのベビーでなければ、確実にマックスノーは乗らなかったって判断したでしょう。


    今回のハッチもそうですが、パターンレスの個体は判別の難易度が上がります。
    下の画像は去年のベビーですが、上はマックスノー入ってるっぽいですが、
    入っているとは判断しません。


    まぁ必ず微妙な個体と言うのは出てきますが、
    その辺は経験で判断していくしかないと思います。
    マックスノーに限った事ではありませんが、
    たくさんのベビーを見ないと解らない事はたくさんあります。
    基本的に怪しい個体にはマックスノーを冠しては販売しないようにはしています。

    あまり役に立たないかもしれませんが、
    こんな感じです(((^^;

    にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
    にほんブログ村
    ヒョウモントカゲモドキ | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする